前の写真

宍道湖の日の出

ホーム

出雲の防風松のある日の出

次の写真

投稿場所

  • 日の出
  • 日の入
  • その他

この場所の投稿写真一覧

※クリックすると大きな写真が表示されます

この場所の説明

総表示回数

57 回表示されました。

撮影日時

撮影日 2018/10/21
撮影時刻 17:03

説明

石見畳が裏の夕陽 1600万年前の海底が地上で観察できる珍しい景勝地
国の天然記念物に指定されている石見畳ヶ浦(いわみたたみがうら)。
トンネルを抜けると、およそ1,600万年前の地層を見て歩くことができます。
そこでは、無数の貝の化石や鯨の化石などを見ることができ、波の侵食によってできた腰掛け状の岩(ノジュール)やマグマの跡など普段は見ることのできない世界が広がっています。
 ノムラナミガイの化石がハートの形をしていることから、3つ見つけると幸せになれるといわれ、『恋のパワースポット』としても人気があります。  (浜田観光協会より)

http://www.kankou-hamada.org/guidepost/6219

関連記事

サイト内検索

例)夕焼け、だるま朝日など

広告
プロフィール
ご意見・ご要望箱

返信が必要な場合は こちら からお問い合わせ下さい。